オオバヤシャブシ(大葉夜叉五倍子)

日本固有で本州(福島県南部〜和歌山県の太平洋側)、伊豆諸島の海岸近くの山地から丘陵に自生する

カバノキ科ハンノキ属の落葉小高木。花期は3〜4月で葉の展開と同時に開花し、雄花序は無柄で長さ4〜

5cm。ヤシャブシの名前の由来は、球果の表面がでこぼこなので夜叉となり、ブシはフシムシが葉につける

虫えいの五倍子(フシ)による。球果にタンニンが多く、五倍子と同様の為。この木は大葉がつくのでヤシャ

ブシより葉や果実が大きい。ヤシャブシの仲間のほとんどは枝先に雄花序がつくが、オオバヤシャブシだけ

は葉、雌花序、雄花序の順序で枝につく。

3月中旬、福岡県大野城市の牛頚ダムに寄りました。駐車場のそばにオオバヤシャブシの花が沢山咲いて

いました。

2006年3月13日 福岡県大野城市牛頚ダム

2006年3月13日 福岡県大野城市牛頚ダム