ヤマエンゴサク(山延胡索)

本州、四国、九州の山の沢沿いに生えるケシ科の多年草。別名ヤブエンゴサク。花期は4〜5月。草丈10〜20cm。花の大きさ1.5〜2.5cm。花色は青紫から赤紫まで幅広い。一般に標高の高い所や北の地方のほうが青っぽい花が多いとの事です。よく似たジロボウエンゴサクとの違いは花の下につく苞の形に有る。ジロボウエンゴサクは切れ込みが無いが、ヤマエンゴサクには切れ込みが有り3つに分かれている。

4月初旬、福岡県前原市井原山山麓の水無鍾乳洞付近に寄りました。沢沿いの道で可愛いヤマエンゴサクの花が咲いていました。

2017年4月7日 福岡県糸島市井原