ワタナベソウ(渡辺草)                 

愛媛県、高知県、九州の深山の林内に生えるユキノシタ科ヤワタソウ属の多年草。花期は6〜7月。草丈40〜60cm。茎の先に集散花序

をつけ、総状に淡黄色で長さ約1cmの花を開く。名前の由来は、発見者の渡辺協氏への献名との事です。よく似たヤワタソウ(八幡草)は

本州(中部地方以北)の分布との事。

6月中旬、大分県由布市庄内町の男池園地に寄りました。今年も同じ場所でワタナベソウに出会えました。

2015年6月15日 大分県由布市庄内町 男池園地