ツクシクガイソウ(筑紫九蓋草)

九州の熊本、大分県などの内陸山地の草地にごく稀に自生するゴマノハグサ科の多年草。高さ100cm前後。

花期は7〜9月。花の長さは7〜8mm、長い花糸を突きだした花が穂状に付く。筑紫(九州)に自生する九蓋

草で、九蓋草とは茎を取り巻く輪生の葉が九段(九階)にも重なってつく草という意味。

7月上旬、由布岳山麓から男池へ向かう途中、道端でクガイソウらしき花を見付けた。素敵な花を見付けた

ので蛇の居そうな藪もお構いなしに分け入って写しました。

2004年7月6日 大分県大分郡庄内町

2004年7月6日 大分県大分郡庄内町