トウゴクサバノオ(東国鯖の尾)

本州(宮城県以南)、四国、九州の山地の沢沿いなどに生えるキンポウゲ科シロガネソウ属の多年草。花期は4〜5月。草丈は10〜20cm。花は直径約6〜8mm、花弁状の萼片は淡黄白色。花弁は軍配形。

4月中旬、福岡県糸島市井原山山麓の水無鍾乳洞付近に寄りました。井原山に通じる登山道の沢沿いに可愛いトウゴクサバノオが僅かに咲いている場所があります。5日前には2、3個開きかかりの花がありましたが、今回はたくさん咲いていてくれました。5日違うとこんなに咲いているのかとびっくりです。

2017年4月12日 福岡県糸島市井原山登山道