ツクシフウロ(筑紫風露)

九州の中部の高原の湿地にまれに生えるフウロソウ科の多年草。花期は8〜10月。草丈は60〜80cm。葉の下に細かい毛があるアサマフウロの変種。この仲間で花も大きく色も極めて鮮やかとのこと。

8月下旬、大分県玖珠郡九重町長者原のタデ原湿原に寄りました。湿原の中にはツクシフウロの花が少し咲いていました。阿蘇の大観望付近の湿地にたくさん咲くのだが、最近立ち入り禁止になってしまったので行けない。久住山に登る途中の沓掛山付近でも見かけるのだが今年は見れなかった。だんだん見るのが困難になってくる。

2019年8月21日 大分県玖珠郡九重町 タデ原湿原