タニタデ(谷蓼)

北海道、本州、四国、九州の山地の湿ったところに生えるアカバナ科の多年草。花期は7〜9月。草丈は

20〜50cm。総状花序に白色〜淡紅色で先端が浅裂する小さな花を下向きにつける。名前の由来は、

渓流沿いに生え、姿がタデに似ているところからついたとの事です。

8月中旬、前原市の井原山山麓の渓流沿いに可愛いタニタデの花が咲いていました。

2010年8月12日 福岡県糸島市井原山山麓

2010年8月12日 福岡県糸島市井原山山麓