シャクジョウソウ(錫杖草)

北海道、本州、四国、九州の山地のやや暗いところに生えるイチヤクソウ科の腐生植物。茎は高さ約20cmで、葉の退化した鱗片葉が

多数互生する。茎頂の総状花序に、長い鐘形の花を普通5〜10個下向きにつける。全体が淡黄褐色。花期は5〜8月。

名前の由来は、全体の姿を山伏の持つ錫杖に見立てたもの。

7月中旬、岐阜県高山市奥飛騨温泉郷の新穂高ロープウェイに乗りました。途中の鍋平高原を散策して薄汚れたギンリョウソウの様な

ものを見つけました。初めて見るシャクジョウソウでした。

2013年7月17日 岐阜県高山市奥飛騨温泉郷新穂高鍋平高原