ソバナ(岨菜・蕎麦菜)

本州、四国、九州の落葉樹の林縁や道端、深山などに生えるキキョウ科の多年草。花期は8〜9月。草丈は50〜100cm。花の長さは2〜3cm。名前の由来は、岨(切り立った崖)のような所に生え、若芽が食用になるからとか、又、葉が蕎麦の葉に似ている事から蕎麦菜とも云われている。花は茎頂にまばらな円錐花序につき、垂れ下がる。花冠は淡青紫色。先端が広がった鐘形。裂片はやや反り返る。花柱は普通つき出ない。

8月中旬、大分県玖珠郡九重町の吉部登山口に寄りました。坊ヶつる方面へと続く大船林道を歩いていくと道端にソバナの花が咲いていました。

2017年8月18日 大分県玖珠郡九重町吉部