オウギカズラ(扇葛)

本州、四国、九州などの山の木陰や林のふちに生えるシソ科の多年草。花期は4〜5月。草丈は10〜25cm。花のあと、茎の基部から地表を這う長い枝(走出枝)を出します。花の長さは約2cm(唇形花)。名前の由来は、葉の形が、開いた扇に見える事からついた名前で、カズラは走出枝を葛に見立てたものとか。

5月初旬、大分県由布市庄内町阿蘇野の男池園地に寄りました。いつものトイレの側には咲いていなくて、園地の中に入ってからオウギカズラの花に出会えました。

2019年5月7日 大分県由布市庄内町阿蘇野 男池園地