オオキツネノカミソリ(大狐の剃刀)

ヒガンバナ科の多年草。北海道〜九州の、山野に生える。葉は夏には枯れ、その後、8月から9月に30〜50cmの花茎を出し、黄赤色の花が3〜5個、散形状に咲く。キツネノカミソリより赤味が少なく、雄しべは花冠より長く外に出る。

7月下旬、花散策に出かけました。九州道、大分道で別府I.C迄行き、そこからまず由布岳山麓方面に行きました。湯布院から九重へと通じる道端でオオキツネノカミソリの花が少し咲いていました。

2019年7月24日 大分県由布市