オニシバリ(鬼縛り)

本州(東北地方南部〜東海地方東部の太平洋側、近畿地方以西)、四国、九州の落葉樹林内に自生する

沈丁花科の落葉小低木。高さ1m以下。雌雄別株。花期は2〜4月。葉は互生で夏に落葉。その為、夏坊主

という別名がある。葉腋に黄緑色の花を数個束生する。花の萼筒は長さ5〜9mm。先は4列する。萼片の長

さは萼筒の1/2。枝は灰茶色で強靱な為、鬼縛りという名前が付いたのかも知れない。

2月下旬、熊本県山江の仰烏帽子山に登りました。お目当ての福寿草に出合う前にコショウノキによく似た

花に出合いました。サイトでよく見掛けるオニシバリの花でした。初めて見れて嬉しい。

2010年2月28日 熊本県山江 仰烏帽子山

2010年2月28日 熊本県山江 仰烏帽子山