ノゲイトウ(野鶏頭)

東南アジア原産で江戸時代に渡来し本州(中部地方以西)、四国、九州、沖縄に帰化。畑、人里の道端などに生えるヒユ科の一年草。

花期は7〜10月。草丈は40〜100cm。花の長さは7〜9mmで穂状につく。名前の由来は、野に生えるケイトウの仲間。ケイトウは花が

鶏(ニワトリ)の鶏冠(トサカ)に似る事からきている。

10月中旬、フォトネット春日の撮影会で大分県中津市三光の三光コスモス園に行きました。コスモスが咲いている脇の土手でノゲイトウ

の花を見付けました。

2016年10月12日 大分県中津市三光 三光コスモス園