ニリンソウ(二輪草)

北海道、本州、四国、九州の丘陵地や山の道端等に生えるキンポウゲ科の多年草。花期は4〜5月。草丈15〜25cm。花の径1.5〜2cm(花弁状の萼)。名前の由来は、花を2輪つけるので二輪草と呼ばれますが、まれに3輪や1輪のものも有るとの事です。

4月初旬、福岡県前原市井原山山麓の水無鍾乳洞付近に寄りました。道端で可愛いニリンソウが咲き始めていました。

2017年4月7日 福岡県糸島市井原