ネコノシタ(猫の舌)

本州(関東地方、北陸地方以西)、四国、九州、沖縄、小笠原の海岸の砂地に野生えるキク科の多年草。花期は

7〜10月。茎には剛毛があり、長く地を這ってよく分岐し、上部は斜上して高さ約60cmになる。葉は対生し、長さ

1.5〜4.5cm。幅0.4〜1.4cmの長楕円形で厚く、縁にはまばらに鋸歯がある。両面とも短い剛毛がある。頭花は直径

1.6〜2.2cmで茎の先に1個つく。

9月初旬、パナソニック松九会の歩こう会で山口県下関市豊北町の角島に行きました。砂浜で可愛いネコノシタを

見つけました。

2012年9月4日 山口県下関市豊北町の角島