ナルコユリ(鳴子百合)

北海道、本州、四国、九州の山野の草地や林のへりなどに生えるユリ科の多年草。花期は5〜6月。草丈40〜70cm。花の長さは約2cm。筒状花で先の方は緑色。名前の由来は、花が並んで垂れ下がる姿を鳴子(小板を鳴らして田んぼの脅す仕掛け)に見立てたと云う事です。アマドコロとの見分け方は、茎に綾(かど)が無いのと、花つきがこちらのほうが多いようです。

5月下旬、福岡県北九州市小倉南区の平尾台に寄りました。可愛いナルコユリがたくさん咲いていました。

2019年5月20日 福岡県北九州市小倉南区 平尾台