ナンテンハギ(南天萩)

北海道、本州、四国、九州の山野の林のへり、丘陵地の土手などに生えるマメ科ソラマメ属の多年草。別名フタバハギ。花期は6〜10月。草丈40〜80cm。花の長さは約1.5cm。名前の由来は、本種の小葉が赤い実を付ける南天(メギ科)に似ているから。又、別名は、葉を二枚(ふた葉)ずつ付ける事からついたとか。

6月下旬、九重から阿蘇へと花散策に出かけました。やまなみハイウェイを南下して阿蘇一の宮付近の道端で可愛いナンテンハギが咲いていました。

2018年6月28日 熊本県阿蘇市一の宮