キバナノショウキラン(黄花の鍾馗蘭)

本州、四国、九州の山地の林中や笹原に生える葉緑素をもたないラン科の腐生植物。花期は6〜7月。茎は直立し全体に黄褐色を帯び、高さ20〜50cm。葉は退化して鱗片状。茎頂に10数個の花をつける。花は淡黄褐色で直径約3cm。長い柄がある。唇弁内面に紫色斑点がり、先端下部は距状に突き出る。名前の由来は花の形を「鍾馗」に見立てた事による。

7月中旬、由布市庄内町の男池園地に寄りました。園地内でキバナノショウキランに出会えました。以前、倉木山で見かけた事がありましたがここで見たのは初めてでした。

2018年7月17日 大分県由布市庄内町 男池園地