キンギアナム

オ−ストラリアのクィ−ンズランドからニュ−サウスウェ−ルズにかけて自生する岩生或いは着生の蘭での原種デンドロビウム・キンギア

ナム(Dendrobium kingianum)をもとに交雑育種されてきた交配種群をキンギアナム系と呼ばれます。株の形態が多くのデンドロビウムと

異なり、根元が太く上部が細くなる、やや堅いバルブの上部に葉をつけます。上部の葉の間にある節から花茎を伸ばし、たくさんの小輪

花を穂状に咲かせます。ノビル系などのほかのデンドロビウムとの交雑はほとんどなく、独特の形態をもったデンドロビウムです。別名

(ピンク・ロック・リリ-)とも呼ばれています。この品種は、特に寒さに強く.また香りが良いことでもよく知られています。交配も盛んでピンク

・白・白赤・紫の一般的な色のほか最近は、黄色・オレンジなども出てきて色彩豊富です。

1月中旬、熊本県熊本市の熊本市動植物園に寄りました。温室の中で可愛いキンギアナムが咲いていました。

2016年1月14日 熊本県熊本市 熊本市動植物園