キバナアキギリ(黄花秋桐)

本州、四国、九州の丘陵地や低い山の林のへり、草地などに生えるシソ科の多年草。花期は8〜10月。草丈は20〜40cm。花の長さは2.5〜3cmの唇形花。名前の由来は、花が黄色で、形がアキギリに似ているところから。

9月下旬、天山山麓に寄りました。天山神社上宮付近でちょうど見頃のキバナアキギリの花を見つけました。しかしだいぶ減りました。氏子の人達が草を刈るため無くなっているのです。でもよく探せば隅の方に残っています。

2018年9月25日 佐賀県佐賀市富士町 天山山麓