ヒルザキツキミソウ(昼咲き月見草)

アカバナ科の多年草。北アメリカ原産。大正時代末に渡来。本州(関東・中部地方以西)、四国、九州の

河川敷、草むらや土手などに帰化している。花期は5〜7月。草丈20〜50cm。花の径は3〜4cm。白花

も有るとの事。ツキミソウは夜しか咲かないが、これは昼間も咲くのでヒルザキツキミソウと呼ばれる。

5月初旬、福岡赤十字病院に母を見舞いに行った。時間があったので付近をぶらついた。那珂川沿いを

歩いて行くと子供の頃通った美野島小学校が川の反対側に見える。こちら側の川の土手で可愛く咲いた

ヒルザキツキミソウを見つけました。

2007年5月9日 福岡市中央区那珂川河畔

2007年5月9日 福岡市中央区那珂川河畔