ハルノノゲシ(春の野芥子)

別名ノゲシ。日本全土の道端や畑。荒れ地などに生えるキク科の2年草。草丈50〜100cm。花期は4〜7月。花の径は約2cm。名前の由来は、秋に咲くアキノノゲシと区別するためにノゲシの前にハルをつけたものです。ノゲシは葉がケシの葉を思わせる為についたものです。

1月中旬、大分県杵築市の北台武家屋敷付近を散策しました。道端でハルノノゲシが咲いていました。

2018年1月16日 大分県杵築市 北台武家屋敷付近