ハバヤマボクチ(葉場山火口)

本州(福島県以西)、四国、九州の日当たりの良い草地などに生えるキク科の多年草。花期は10月。草丈100〜200cm。花の径は4〜5cm。名前の由来は、葉場山とは草刈り場のある山の事。火口は火打ち石で出した火花を移し取るもの。この仲間の葉の裏の綿毛を集めて火口としたとの事。

10月中旬、山口県の角島、青海島、秋吉台と巡り、大分県中津市に宿泊。翌日、三光コスモス園、鶴見岳、由布岳山麓、倉木山山麓と巡り、阿蘇大観望にも寄りました。付近の湿地に降りる途中でハバヤマボクチの花がたくさん咲いていました。

2017年10月11日 熊本県阿蘇市 大観峰付近