ヒメフウロ(姫風露)

本州(中部地方)、四国(剣山)の石灰岩地に生えるフウロソウ科フウロソウ属1年草〜越年草。別名シオヤキソウ(塩を焼いたような臭気がある)高さ20〜60cm。全体に開出毛があり粘る。葉は薄く、3全裂し、小葉はさらに深裂する。花は淡紅色で直径約1.5cm。萼片に腺毛がある。5個の花弁には濃い2個の筋が目立つ。花期は5〜8月。

5月下旬、福岡県北九州市小倉南区の平尾台に寄りました。台上に行く途中の道端で可愛いヒメフウロが咲いていました。

2019年5月20日 北九州市小倉南区 平尾台