バアソブ(婆ソブ)

北海道、本州、四国、九州の山地の林縁や原野にややまれに生えるキキョウ科の蔓性多年草。花期は7〜8月。花の長さは2〜2.5cmの鐘形で先端は浅く5裂する。花冠の内側の上部は紫色で、下半部に濃紫色の斑点がある。名前の由来は、花冠の内側の斑点を老婆の顔のそばかすにたとえたもの。ソブは長野県木曽地方の方言でそばかすの事。ツルニンジンの別名ジイソブの「ジイ」は爺で婆に対して付けられたものとか。

9月中旬、熊本県阿蘇市一の宮の原野に寄りました。可愛いバアソブの花が少し残っていました。

2018年9月19日 熊本県阿蘇市一の宮