アケボノソウ(曙草)

北海道、本州、四国、九州の山地の水辺に生えるリンドウ科の多年草。花期は9〜10月。草丈60〜90cm。花の径は2cm内外。茎頂で枝を分け、白色の花を開く。名前の由来は、花冠の裂片に黒紫色の斑点が有るのを夜明けの空に見立てたとか。

9月下旬、佐賀県の天山山麓に寄りました。車道のそばの湿地帯ででアケボノソウがたくさん咲いていました。

2018年9月25日 佐賀県天山山麓